Interview by Yuka Iwakoshi & Atsuko Tanaka / Photo by Atsuko Tanaka

BIO.: FUTURA 2000 / Artist
(This was interviewed in the summer of 1999.)
*日本語はスクロールダウンして下さい。

Futura 2000 is one of the most diverse artists ever to come out of New York. He has been a part of the New York art scene from the early ‘70s with his graffiti and in the ‘80s he was an active NY street artist. In the ‘90s Futura took his street art and applied it to clothing, creating graphic street wear. He is well-known around the world ad his fame has spread as far as Europe and Japan.

In fact, the word “artist” doesn’t do justice to Futura 2000, a.k.a. Lenny Blanco. The self-educated Futura has joined the upper echelon of NY street fashion designers with his partners Stash and the late Bleu, with their clothing lines BSF, Recon and Project Dragon.


>space odyssey Futura2000 Interview

Educated Community: Could you give me a short profile of yourself?
Futura2000: I’ve lived in Brooklyn for about 20 years, but I was born in Manhattan. I was involved in the graffiti movement of the early ‘70s, and the NY art-gallery / street-art movement of the ‘80s. In the 90’s, I’ve been working more with graphics and clothing.

EC: What’s the etymology of your name?
F2: [The name] Futura 2000 was something I have dreamt about as a teenager. I would be like, “Wow, what’s it gonna be like in the year 2000?” My main inspiration comes from Stanley Kubrick’s 2001 − A Space Odyssey. I mean this movie, which came out in 1968, was very powerful [to me]. I really thought a lot about the evolution of man and space and all that kind of stuff.

EC: When’s your birthday?
F2: November 17th, Scorpio. I’m gonna be 44 next year.

EC: What’s your take on the past versus the future?
F2: When I was young, I was more of a dreamy person. I was 14 years old when man first landed on the moon; I remember it very well. I come from a generation that had this futuristic vision of the world but it was purely fantasy. It’s very strange now. It’s 1999, and we’re not flying around in spacesuits like The Jetsons. The world today is very normal. I mean, this could be 1982-- the way we look, we’re all retro. Time is really irrelevant. It’s more of what’s going on in society and the changes that have occurred.

EC: And those changes interest you?
F2: I’m interested in humanity really. Initially, I was interested in communicating. I had to express myself some way; I chose to write graffiti. I think when I was younger I was just following the direction (the lead?) of other people.

EC: What are some of the things that got you into graffiti?
F2: Well when I was 15, I found out I was adopted. Suddenly I was a lost soul, not knowing the blood of my parents. Graffiti helped me look for an identity. I just tried to grow and mature, and worked through my emotional crisis.

EC: Did you go to school to study art?
F2: No, I never did. After high school I was in the military, that was like my college from 18 to 22. So right after I started to like graffiti, I actually left NY and was in the Navy for four years. Which was the first time I was in your country (Japan). But it was not too long after WWII that I had guilt as an American militant in Japan during1975. I was afraid to go off the base; I didn’t want to interact with Japanese people because I felt so ashamed of what we did in WWII.

EC: Did your experience in the military affect your art?
F2: It didn’t really, I think it affected my life experience more, [in terms of ] learning personal discipline.

EC: What influences your artwork?
F2: I get my influences from everyday life − I need to react to my own life. I work very spontaneously.

EC: How would you categorize yourself as an artist?
F2: It’s hard, I don’t really want to be defined by anything. I certainly don’t want the word “graffiti” connected to me any longer. Not as my title, because that’s not what I am. Just “artist” is ok, because it’s very vague. I don’t want to be labeled − to me, being labeled a graffiti (?) artist is terrible, and very old school.

EC: You never work in NY or in the streets anymore?
F2: I love doing projects, but the sad truth is that New York and the American audience don’t care. They haven’t ever really cared about someone like me…. In a way it's sad because a lot of my interest and support comes from Europe, Asia, and other connections I have in the world. PD is something that we’re doing on our own. We don’t have alliances with other companies.

EC: I checked out your website, it says “26 years ago I was a dreamer, today I’m a visionary.” Can you elaborate on that?
F2: When I came up with the name “Futura 2000,” I was just dreaming. Now that we’re here in 1999, I can see that I was a visionary, that I had something clear to see and to realize. In that way I’m really not proud because I still wanna do more work but I’m satisfied with what I have done. I am a kid from NY, being from a bad family without that much money, I made something from nothing. I am self−educated. You know I taught myself everything I can do, whether it’s writing web pages or whatever.

EC: Tell us about your website.
F2: On the website, I do my own special things; it's a fantasyland in a way. It’s an extension of what I did with writing my name on the wall: Me, doing self-promotions for me. That’s what graffiti is, self-promotion. The message in graffiti is “Check me out, this is who I am.” But on the website I can actually write some stories and show some pictures that I’ve taken. I can share some experiences on that level. The website is also the most direct way to communicate with me. Most people don’t know it but if you write to me and if your email is even halfway interesting, I’ll write you back. And I hope that interaction means something to the user. I mean the thing about the website is, when somebody looks at my site, they’re in their office or their room. They bring me into an intimate space and then they have this little experience. So you’ve brought me into a very personal space.

EC: What’s the traffic like?
F2: I have 100,000 people a week visiting my website, globally. That’s more people than I could have ever imagined. While I’m sleeping, people in Japan are on my website because [of the time difference]. It doesn’t sleep; it’s a very strange thing.

EC: Can you tell us about any future project?
F2: I want to do some toys, and I want to do a short movie. Also I have a book coming out through Mo-Wax, possibly called: The Futura Dilemma, a book about my paintings. That’s my biggest project for next year.

EC: What are some abstract goals you have for the future?
F2: I just want to have fun and be honest. I wanna do something for the kids in my own country. What I’ve always wanted to do is teach. I’m never afraid to walk into something and try something. I might learn something. Maybe I’ll learn how to not make a mistake, and therefore I’ve solved a problem in the process. It’s one of my things. You’d have to come to my class wanting to learn something or you might not really get it. But I feel like I could help some people with their idea of what they want to do or where they want to go.

EC: What moment do you enjoy most in life?
F2: I’m pretty lucky. I’m always having fun. I basically do things that come really naturally to me. You have to be happy about the things in your life that are special. We recently lost Bleu, one of our members. When you have that kind of loss in your life, the loss of a friend, it makes you very conscious of the good things you have in your life. I have my own way, my way is unique, my approach is different. I surround myself with good people.

EC: My last question is since the year 2000 is coming up, are you going to change your name?
F2: The “2000” isn’t really necessary, I’m gonna have to let it go.

www.futura2000.com
www.futuralaboratories.com


*これは1999年の夏にインタビューされたものです。

70年代初頭のグラフィティ・ムーブメントから80年代のニューヨーク・ストリートアート、90年代のグラフィック&ファッション。 それぞれのフィールドに鋭く切り込み、縦横無尽に渡り歩いてきたアーティスト、それがFutura2000である。アメリカや日本、そしてヨーロッパはもちろん、 世界中で確固たる名声を築いてきた。

もはや「アーティスト」という言葉だけでは、 Futura2000ことLenny Blancoを言い表すことはできない。 全てを独学で学んできたFuturaは、アートだけでなく、友人であるStash、故Blueと共に、BSF、Recon、Project Dragon等を立ち上げ、 ニューヨーク・ストリートファッション界の最前線に加わってきた。

そんな多忙なFutura2000。20世紀最後の夏に、ECがマンハッタンにある彼のオフィスを訪れた。


Educated Community: 簡単なプロフィールを教えてください。
Futura2000: マンハッタンで生まれて、ブルックリンに20年以上住んでるよ。 70年代初めはグラフィティ・ムーブメントの流れでグラフィティにはまっていて、 80年代はアート・ギャラリー/ストリートアート・ムーブメントの時代で、アーティストとして活躍してきたんだ。 90年代に入ってからは、グラフィックや洋服のデザインなんかにも興味が広がってきて、マルチな分野で仕事をこなしているよ。

EC: Futuraという名前の由来を教えてください。
F2: Futura2000という名前は、僕が十代の頃に夢見ていたモノそのものなんだ。 「2000年になったら世界はどんな風になってるんだろう?」てな具合にね。 でも一番のインスピレーションは、スタンリー・キューブリックの映画『2001年宇宙の旅』さ。 1968年に作られた映画なんだけど、めちゃくちゃパワフルに感じたよ。僕はあの頃、人類や宇宙の進化といったことについて本気で思いを馳せてたからね。

EC: 誕生日はいつですか?
F2: 11月17日の蠍座。来年44歳になっちまう。

EC: 過去と未来についてはどう考えます?
F2: 若い頃はいつも夢見がちだったね。僕が14歳のときにアポロ13号が月面着陸に成功したんだけど、とにかくすごく鮮明に覚えてる。 僕らの世代は、世界の動向に対して誰も見たことがないような未来観をもっていたんだ。全くの空想だったけどね。 今じゃ奇妙なもんだよ。1999年だっていうのに、誰もJetsonsのようにスペース・スーツに身を包んで空なんて飛んでいないだろ? 皆いたって普通さ。そういうのは1982年あたりの考え方かもしれない。俺たちは懐古的になってるのかもね。 今現在に社会で起こってる事や、これまでに過去起こって来た事一つ考えても、時間なんて本当に予想や見当がつかないものだとつくづく思うよ。

EC: それら過去からの変化はあなたにとって興味深いものですか?
F2: 僕が興味を持っているのは、簡単に言ってしまえば『人』についてだね。もともとコミュニケーションというものに興味はあったんだ。 若い頃はただ周りの言うことに従って進んでいた。だけど年を重ねて生きてく行く過程で、 何らかの方法で自己表現しなきゃいけないという事に気づいたんだ、そしてその表現の手段として選んだのがグラフィティだったというわけさ。

EC: まさにグラフィティ・ムーブメントまっただ中であった時代でもありますが、他にグラフィティを始めた理由はありますか?
F2: 実は15の時に自分が養子だって事を知ったんだ。一瞬にして魂が抜けてしまったようになったよ。 自分がいったいどこの誰なのかわからないんだから。自分のルーツである血のつながった実の親を知らないわけだし。 わけがわからず情緒不安定になる自分をなんとかコントロールして、とにかく背伸びして早く大人になろうと必死だったよ。 でもそんな時にグラフィティに出会ったんだ。それは素性のわからない自分にとって、自己発見の大きな助けになったんだ。

EC: アートを勉強するためにアート・スクールへ行きましたか?
F2: いや、アート・スクールには行かなかったよ。高校卒業後は18から22まで軍隊に入ってて、まぁ言ってみればそれが僕にとっての大学みたいなものだったね。 だから時期的にはグラフィティに興味を持ち始めてからすぐNYを離れることになったんだ。 4年間海軍に在籍してて、最初に日本に行ったのはその時さ。 でも、その当時(1975年)にアメリカ軍人として日本にいることは僕にとって罪悪感そのもので、僕は基地から出ることを恐れていたんだ。 第二次世界大戦でのアメリカの行動をとても恥じていたから、日本の人々にあわせる顔がなかったんだよ。

EC: 軍隊での経験は、あなたのアートに何らかの影響を与えましたか?
F2: 特にアートに関してではないかな。それよりも僕の人生そのものに影響したよ。自己鍛錬という点においてね。

EC: では、何があなたの作品に影響を与えているのですか?
F2: 日々の生活かな。人は一日一日の生活に反応して生きていく必要があると思うからね。 すごく自発的なことなんだ。そうやってアートを制作しているよ。

EC: 自分自身をアーティストとしてどのようにカテゴライズしますか?
F2: それは難しいな。あまり自分自身を規定されたくはないんだ。グラフィティ・アーティストという言葉だって、 僕の名前の肩書きにくっつけられるのはもうごめんなんだ。だって、肩書きはそれだけを限定してしまうからさ。 アーティストなら範囲が広いから理解出来るけど。アーティスト達に対してストリートやらグラフィティやらの区別をつけるのはもう時代遅れだと思うね。

EC: では、ニューヨークやストリートではあまり活動しないのですか?
F2: プロジェクトをやるのは大好きさ。でもニューヨークを含めアメリカ人の多くは僕らアーティストの事なんてあまり気に留めてないように感じるんだ。 だって実際ヨーロッパやアジア、その他多くの国が自分に感心をもってくれてサポートしてくれてるのは事実だからね。 母国がアーティスト等をサポートしない現実を残念に思うよ。

EC: あなたのサイトには「26年前、僕はドリーマー(空想家)だったけど、今はビジョナリー(先見の目がある人)になった。」とありましたが、これについて少し教えてください。
F2: Futura2000という名前を思いついた時、僕はただ将来についていろいろ空想しているキッズにすぎなかった。 でも1999年の現代になって、自分は先が見えていたことが分かるし、見るべき、そして理解すべき明確なものを持っていたことが分かった。 かといって別に自惚れてるつもりは全くないんだ。なぜならまだまだやるべき事は山ほどあるし、自分はまだまだ未完成だと思ってるからね。 でもこれまで自分がしてきたことにある程度満足はしているよ。ニューヨークの貧しい家庭に育って、全て独学で学んで、殆ど無の状態から今あるモノを作り上げてきたんだからね。 ウェブ・サイトでも何でもさ。

EC: あなたのサイトについて教えてください。
F2: サイトは、僕の独特なスタイルで展開しているんだ。言わば僕の空想の世界みたいなものだね。 壁に自分の名前を書く行為、つまりグラフィティの延長線上にあるようなものかな。 自己表現として自分のために自分でセルフ・プロモーションをしてるってわけ。 グラフィティに込められているメッセージは「見てくれよ、これが俺さ」といった単純なものだけど、サイトは自分の撮った写真や文章を載せたり、と幅が広いよね。つまりいとも簡単に自分の経験を人と共有できてしまうって事。それに加えて人とダイレクトにコミュニケートする一番てっとり早い方法でもあるんだよ。大抵の人は知らないんだけど、もし誰かがサイトから僕にEメールを送ってきてさ、それがユニークならば、僕はきちんと返信を出しているからね。そうしたコミュニケーションがユーザーにとって何か意味のあるものだといいよね。でも考えてもみてよ、僕のサイトを見る人はさ、オフィスかどこか部屋で見てるわけだろ?つまり彼ら/彼女らは親密な場所に僕を連れ込んでいってるわけ、そしてそこで彼らは僕のサイトを通して何かしらの小さな体験をするって事なのさ。そう君たちは知らない間に、僕を君のとってもプライベートな空間に連れ込んでるのさ。

EC: サイトのヒット数はどれくらいなのでしょう?
F2: 1週間に10万もの人が世界中からアクセスしているよ。これは僕の想像を遥かに越えた数字さ。 例えば日本にいる人は、僕が寝てる間に(時差の関係で)サイトをチェックしてるよね。 だってインターネットは僕らみたいに寝るって事がないからさ。考えてみると不思議な感じだよね。

EC: これからのプロジェクトについて教えてもらえますか?
F2: フィギュアをいくつかやりたいね。それとショート・ムービーも。もうすぐMo-Waxから僕のペインティングの本が出るんだ。 多分The Futura Dilemmaってタイトルでね。それが来年のプロジェクトで一番大掛かりなものかな。

EC: 将来におけるゴールのようなものはありますか?
F2: いつも自分に正直に、そして楽しんで生きていきたいね。あと、母国のキッズの為にに何かしたいと思っている。 ずっとやりたいと思ってるのは『人に教える』ということかな。 僕のポリシーの一つに『何事も恐れずに挑戦しよう!きっと何か学ぶ事がある』というのがあるんだ。 やはり何事も挑戦して、そのプロセスの過程で間違いを回避したり問題を解決する能力を身に付ける事が出来ると思うんだよね。 僕の教えるクラスに来る子供達は、何かを学ぼうと思って来てほしいし、そうはいっても何も学べない場合もあるかもしれない。 でも、将来コレをしたい、とかこういった方向に向かいたい、とかアイデアに対して手助けできると思うんだ。

EC: 人生においてどの瞬間が一番楽しいですか?
F2: とてもラッキーな事に、僕は毎日をとても楽しくハッピーに過ごしているよ。 過去から現在まで、ほんと自然の成り行きで幸せに生きていると思うね。 人は、自分の人生の中で幸せと感じる事をありがたく生きるべきなんだよね。 僕たちは大切な仲間の1人であるBleuを失った。家族や親しい友人を失うと、人は人生におけるポジティブな面にとても敏感になるもんだよね。 僕のハッピーに生きる秘訣は、ただ良いエナジーの人々に囲まれて生活するって事なんだ。

EC: 最後の質問なのですが、2000年はもうすぐですよね? 名前は変える予定ですか?
F2: 2000という数字にこだわってはいないよ。でも、少なくともあと1年半あるからね。 2000年の大晦日まではいけるかな(笑)。その後はFuturaになるよ。2000とはおさらばさ。

www.futura2000.com